かっぽれ 幇間 梅后流江戸芸かっぽれ家元、櫻川流かっぽれ家元 櫻川千蔵ホームページ
インフォメーション
更新記録など
UpDate: 15/12/26
Open:2005.9.9
携帯版ホームページ
kappore.tokyo/mobile

|トップページ |櫻川 寶の入舟 |梅后流江戸芸かっぽれ |太鼓持ち(幇間)|獅子舞・仁羽|日本舞踊 |作家|歌手|TV・ビデオ| |ブログ|

日本一の獅子舞



九重部屋新年会にて 撮影
 櫻川 寶の入舟(悠玄亭千代介)の獅子舞は「日本一」と呼ばれるのほどの腕前です!
まるで本当に生きているかの様な獅子の舞!

1997年より鳴り物を入れた悠玄亭千代介社中を率いて、新年会・お祭り・パーティーなどのおめでたい行事には欠かせない存在となっています。


寿獅子舞
寿獅子舞とは

金色の獅子にて、餌を食べたり、寝たり、毛繕いをしたりと動物のしぐさを見せ場とし、その後お客様の所へ行き、その場の邪気を払い、噛むまねをする事で人の持っている厄を噛み取るという神事的な舞。
悪魔を払い、幸せを呼ぶ舞です。

日本一の寿獅子舞

クリックすると『寿獅子舞』ムービーがご覧になれます

仁羽
仁羽  一般に「ひょっとこ」と呼ばれています

祭の人気者「オカメ」「ヒョットコ」の楽しい舞をみせる曲。
この中に「かんかんのう」や「子守歌」などの入る楽しい囃し曲。
仁羽は滑稽な仕草で曲もリズミカルなものです。
お面も、大笑い、一文字、潮吹き、べろ出し、火男等色々な面が用意されています。
仁羽は踊りを踊るための曲で、神楽から派生したといわれています

仁羽

クリックすると『仁羽』ムービーがご覧になれます

|トップページ |櫻川 寶の入舟 |梅后流江戸芸かっぽれ |太鼓持ち(幇間)|獅子舞・仁羽|日本舞踊 |作家|歌手|TV・ビデオ| |ブログ|

お問合せ info@kappore.tokyo cCopyright,2005,Sakuragawa Takara no Irifune / Sakuragawaryu Edogei Kappore